スクールがよくわかる資料請求。
本物のデザインを、見て、感じて、学べる OPUSの無料体験セミナーはこちら

i works :卒業生の活躍

求められたものを超える
デザインをしていきたい。

高田 佐智子_メイン画像

高田 佐智子_文中画像 現在、大手文具メーカーのステーショナリーのデザインに携わる高田さん。以前勤務していた雑誌のデザイン会社から、さらなるステップアップを目指して、パッケージからカタログ、ステーショナリーと幅広く様々なデザインができる、現在の会社に転職。広告の担当を経てステーショナリーの担当になったのはつい最近のことで、彼女自身、視点や意識もつくるものによって、すこしづつ変化してきているのだとか。つくったものが、展示会や売り場でカタチになって並んでいるのを見ると、一番のやりがいを感じるのだそう。今後はクライアントの求めているものを理解し、それを超えるデザインをすることが大きな目標。時代に沿って新しいデザインを生み出すため、日々模索している。中でもよく参考にするのは海外の絵本で、文字や色使いなどが良いヒントに。毎日の生活の中での視点が、時代の方向性をさぐる刺激となり、彼女のデザインにむすびついている。

 
高田 佐智子sachiko TAKADA

デザインビギナーコースを経て、グラフィックデザインコースへ入学し、2003年卒業。
広告のデザインに興味を持ち大学在学中からデザインの勉強を始める。
Copyright (C) 2004 opus. All Rights Reserved.