スクールがよくわかる資料請求。
本物のデザインを、見て、感じて、学べる OPUSの無料体験セミナーはこちら

i works :卒業生の活躍

わからなくても、とりあえず
飛び込んでやってみること。

小倉 丈佳_メイン画像

小倉 丈佳_文中画像 NPO法人プラスアーツにて、ワークショップやイベントを手がけている小倉さん。オプス在学中は、インターンスタッフとして此花区の街づくりプロジェクトに参加するなど、人と関わりながら企画を立てていくことが得意でした。現在は、松井山手にある施設「つくるところ」や、全国で行っている「カエルキャラバン」など、子どもを対象にしたワークショップの運営やフライヤーの制作に携わっています。ワークショップやイベントはある程度テーマは決めているものの、その場の空気や、思いもよらないハプニングで、どんどん変わっていくもの。「それがどんな方向にいっても間違いじゃないし、そこがおもしろい」と、彼なりの視点で楽しんでいるようで、これからもどんどんそういった場を広げていきたいのだとか。初めてイベントに参加した時は何も出来なくて、ただただ走り回っていたそう。そのうち、何度も場数を踏むうちに動じなくなっていったのだとか。「わからなくても、飛び込んでやってみることが大事なんです。」と気付いたことも多く、それらが少しづつ自信に繋がっているようです。また、子どもや親御さんに向けたフライヤーを作る機会があり、今まで苦手だったイラストに挑戦したのだとか。とても初めて描くとは思えないチャーミングなイラストで、子どもにもわかりやすく、親しみやすいデザインを心がけているそう。今後は、ワークショップもデザインも、ディレクションする立場として関わっていけることが目標。でも、立場が変わっても現場には出ていたいそう。「子どもと関わると、大人にない発想に触れられて楽しいんです。ついつい張り合ってしまうんですが…。」と話してくれました。

 
小倉 丈佳takeyoshi OGURA
グラフィックデザインコースへ入学し、2006年卒業。
WEB制作会社で勤務後、デザインの幅を拡げるため、グラフィックデザインコースへ入学。その後インターンスタッフとして関わった此花区の街づくりプロジェクトで出会ったNPO法人プラスアーツへ縁があって入社。

特定非営利活動法人プラスアーツ
Copyright (C) 2004 opus. All Rights Reserved.