EVENT > CREATOR'S SEMINAR > SEMINAR REPORT 001
creator's seminar
creator's seminar
第一線で活躍するクリエイターの方々をお迎えし、デザイン業界の現場の生の声を語っていただく「クリエイターズセミナー」を開催いたしました。
講師:株式会社マガジンハウス Hanako WEST
編集長 溝川史朗氏
クリエイターに求められるものは、伝えたい人に、伝えたいことのできる知識と技術。プレゼンテーションのヒントとなるような話などを熱く語っていただき、これから就職を目指す学生達にメッセージを送ってくださいました。
「企業が求めているクリエイターは、決してアーティストではありません。」「学生時代に必要な事は人との出会い。人との出会いを通じて、相手が何を考えているのか理解できるようになることが大切です。コミュニケーション能力は、デザイナーにとって不可欠なスキルです。」
 
トークセッションではクリエイターの方々による、私生活の話を交えた楽しいトークが繰り広げられました。
松本 健志
1969年生まれ。東京造形大学デザイン学科卒業。1996年よりフリー。「バァフアウト」での連載やSILVA、パルコ・クアトロレーベル/クアトロディスク等のCDジャケットを手掛ける。
●MESSAGE
「私も学生の頃はどうすれば自分のやりたい仕事に就けるかなど全くわからず不安な気持ちでした。セミナーでのみなさんの姿に昔の自分をだぶらせながら、みなさんの真剣な姿が心に残っています。この仕事は、その気持ちがあればきっと道はひらけるものですから、今の真剣さをこれからも大切にチャレンジして下さい。」

青木 宏之
現在27才。東京造形大学デザイン学科卒業。雑誌「GQ」のエディトリアルデザインを手掛け、現在「STUDIO VOICE」チーフデザイナーとして活躍中。
●MESSAGE
「このようなセミナーに話す側として出るのは初めてのことで、自分が学生の時のことを思うとなんだか不思議な気分でした。でも立場が変わっても自分の考えは学生時代とそんなに変わらないものです。そう思うと学生の頃に考えることは結構重要かなぁとも思いました。」
原田 専門家
ghs web graphica -------http://www.yo.rim.or.jp/~yuz/
1974年生まれ。関西を中心に活躍するスーパークリエーター。関西のTV局でのロゴやオープニングCG、「吉本新喜劇40周年ポスター」などを手掛る。また、マルチメディア系専門学校で講師を務める。
●MESSAGE
「想像以上の参加者とみなさんの真剣な眼差しにおどろきました。学生の時は、同じ業界を目指す友達と将来役立つ人脈を持つ事が大切で、その時出来た良き友人達は、きっと卒業後有力なネットワークへと変化します。いつも感じている事なんですが、正直、どうしたらいいかと悩む前に動いてる事が大事だと思います。」
酒井 千咲
monde create ------- http://www.trico.to
1967年生まれ。大阪芸術大学卒。95年よりSOHOで「モンドクリエイト」を始動。99年マルチメディア系専門学校で講師を務める。WEBデザインやグラフィックデザイン、また雑誌編集などを手掛ける。
●MESSAGE
「会場の皆さんが一生懸命メモをとっている姿が、とても印象的でした。そんな皆さんの前でお話をしながら、自分の仕事を大好きでよかった、と改めて感じました。経験はすべて無駄にならないと思います。これからOPUSの講師として、デザインの現場をもっと感じられる授業をしたいと思っています。」
Copyright (C) 2004 opus. All Rights Reserved.