EVENT > WORKSHOP > Graphics Meeting T-shirtsWORKSHOP#01
workshop006title
『Graphics Meeting』と題して、WORKSHOPを行うのは今回初めて。 参加して下さった方々は、OPUS DESIGN SCHOOLの在学生はもちろん、お仕事でデザインをされている人、デザインは未経験という方も。そんな中で、スタッフと一緒にアイデアからカタチに育てていく作業は、とても楽しい作業でした。 OPUSのワークショップは、デザインを通していろいろな出会いを楽しむことや、 コミュニケーションから生まれるアイデアの可能性などを感じてもらえる所が醍醐味。
結果、私たちスタッフも予測していないようなアイデアやデザインが生まれたり、驚きの連続でした! 初対面のメンバーもお互いにアイデア出し合い、意見交換の場をもつことですぐに打ち解け、 お互いの考えに興味を持つ事ができます。 1日目はほぼ意見交換やふわふわしたアイデアを固めて、ラフなスケッチにするところで終了。

2日目は、各自みなさんが準備してきた手書きのイラストや写真、素材などを使って、「Tシャツのデザイン」に落とし込んで行く作業。時間もあまりないので、集中力や決断力が必要になってきます。 モチーフはもちろん、プリントのサイズやカタチ、Tシャツのどこにプリントするか? など、スタッフとともに、いろいろな要素を合わせて考えていきます。 デザインの経験がないと心配されていた方も、 ご自身の素敵な写真をもとに、驚くほど魅力的なグラフィックが誕生! その他の方も、雑誌を切り抜いてコラージュを作ってきたり、自身の参加している音楽ユニットのマークをつくったり・・・と様々。 そして2日目の一番楽しい時間。できあがったデザインを、カラープリンタでプリントアウトして、 仕上がりイメージに近い色を付けてみます。そして、デザイン発表! その後、自分が欲しいデザインを5枚、選んでいきます。結果、それぞれがデザインしたものを交換しあう形に。 選ぶTシャツは、サイズも6種類から選べるので、みなさんサイズや色を合わせるためにいろいろ試着してみます。2日目はここでおしまい。
workshop006tshirtsworkshop006tshirts workshop006tshirts

workshop006tshirts いよいよ3日目は刷りの作業です!非常にチームワークもよく、刷り作業もお互いに助け合いつつ、応援?のような声かけもアリで終止楽しい雰囲気。 今回Tシャツのデザインを通して、ものをつくることの楽しいところもちょっと大変なところも、達成感や一体感、いろいろと感じてもらえたんじゃないかと思います。 一人ではなく、壁をとっぱらってまわりの意見を取り入れたり、相談したり吸収したり、そしていろいろ試したり。そんなことから可能性が広がることが実感できて本当に良かった!Tシャツもとても良いものができあがり、OPUSのワークショップならではの仕上がりになったんじゃないかと我々スタッフも嬉しいかぎりです。

【第1弾参加のみなさん】 workshop006tshirts workshop006tshirts

【第2弾参加のみなさん】 workshop006tshirts workshop006tshirts
Copyright (C) 2004 opus. All Rights Reserved.