スクールがよくわかる資料請求。
本物のデザインを、見て、感じて、学べる OPUSの無料体験セミナーはこちら

スクールの方針

自分自身の可能性を引き出していきます。
〜そのためにオプスができること。

小規模なスクールだから、
一歩ずつ着実に成長できます。

オプスデザインスクールは、大規模なスクールではありません。受講生と講師の距離が近いので、一人ひとりの声に耳を傾け、細やかに対応しながら、受講生と一緒に成長してきたスクールです。モノづくりの楽しさ、可能性を第一に考え、各々の目標が達成できるように、広く深くデザインを学べる環境を用意しています。

1クラス8名の少人数担任制で、
一人ひとりのモノづくりを
サポートします。

授業は1クラス8名。担任講師が受講生一人ひとりの個性を引き出し、習得速度、希望進路などに合わせて、きめ細かく、柔軟にサポートします。また、目標や年齢がそれぞれ違っていても、クラスメイト同士が気軽にコミュニケーションを図れるということも、少人数制ならでは。スキルを教え合ったり、作品を見せ合うことで、お互いのレベルを向上させていきます。

本当に現場で求められるものを。
デザイナーが考えた独自のカリキュラム。

オプスデザインスクールは、現場をよく知るデザイナーが、実際の仕事を想定した独自のカリキュラムを作成しています。パソコン初心者からデザイン経験者まで、受講生それぞれのスキルや目的に応じたコースを設定。スキルを習得するだけでなく、課題の中で、自ら発想し、自由に考えながら作品を制作することで、プロに必要とされるデザイン力の習得を目指しています。

デザインを多角的に感じられる、
さまざまな分野のクリエイターによる
特別講義。

デザイナーはもちろん、イラストレーター、カメラマン、コピーライター、プランナーなど、現役で活躍中のクリエイターを講師に迎えた特別講義を実施しています。あらゆる視点からデザインを知ること。また、クリエイターの生の声を聞くことで、デザインの現場を、より身近に感じられます。

学生、フリーター、社会人、etc…
通いやすい授業時間。

授業は基本的に週2回。土日や夜間のコースも設定しているので、現在仕事をしている方でも無理なく通えます。授業以外でも、自分の都合に合わせて利用できる「フリータイム制」を利用して、思う存分作品制作に打ち込めます。少人数担任制で、きめ細かくサポートしますので、デザインを学ぶ熱意さえあれば、年齢や経験の有無も、まったく問題ありません。

それぞれの目標を達成するまで、
トータルにバックアップ。
オプスデザインスクールでは、学ぶ方それぞれの目標が達成できるまで、コース課程終了後も責任を持ってサポートします。特に就職、転職などを希望される方には、特別講習やカウンセリングを設けて、ポートフォリオ制作や就職先のアドバイスなど、進路が決定するまで、きめ細かくバックアップします。

サポート体制

ポートフォリオ講習

ポートフォリオ講習

グラフィックデザインコースWEBデザインコースを修了して、デザイン業界への就職を希望させる方を対象に、「ポートフォリオ講習」を開講しています。希望進路を決定したら、その分野の現役クリエーターとマンツーマンで、実戦的でクオリティーの高い作品を制作し、効果的にアピールできるポートフォリオにまとめあげていきます。そのなかで現場で通用するスキルも身につけることができます。

フリータイム

フリータイム

Macを自由に使用できる自習室。授業の予習や復習、課題やポートフォリオの作成のほか、個人的な作品制作にも。質問や相談などにも常駐しているスクールスタッフが対応します。すべてのコースの方が一緒に使用するので、いろんな作品に触れたり、コミュニケーションをとることができ、刺激しあえる場でもあります。フリータイムはどれだけ使っても追加料金はかかりませんし、コース課程を修了しスクールを卒業した後も、引き続き情報交換の場として利用できます。

ステップアップ制度

ステップアップ制度

ひとつのコースを修了して、もっとデザインを学びたい。Webの勉強をしたい。そんな方のために「ステップアップ制度」があります。 現コース終了後、担任講師とのカウンセリングで卒業後の進路などを相談しながら、次のコースを決定します。 ステップアップの際に再度入学金をお支払いいただく必要はありません。また授業料の割引も致します。

インターン制度

インターン制度

おもにポートフォリオ講習生を対象に、オプスデザインやパートナー会社、フリーのクリエイターのもとでのアルバイトをして、実際のデザイン業務を体験する機会を設けています。就職してみなければわからない、仕事の進め方や現場のスピード感を直に感じることで、現場で求められるスキルが自然に身につきます。制作に携わった成果物(実際の印刷物やサイトなど)をポートフォリオに入れられたら、ポートフォリオの説得力がぐんとアップします。

ゼミ制度

ゼミ制度

現役のクリエイターがデザイン制作物を受注して納品するまでの実体験に基づいて、作品を制作していきます。実際の仕事で避けては通れない納期や予算、クライアントとのやりとりなど、シビアな条件の中での作品制作を体験することで、実戦的なスキルのほか、仕事をしていく上で必要な知識も身につけることができます。

Copyright (C) 2004 opus. All Rights Reserved.